犬のケージ、サークル、ハウスのことなら犬のケージ.com

トップページ運営者情報プライバシーポリシー
犬のケージ ドットコム 〜 ケージ飼いに関するご質問・ご相談もOK、もちろん無料です!
犬のケージ.com TOP犬のケージ ゼミナールケージ飼い あるある疑問集安全で使い勝手の良いおすすめのケージとは…?飼い主さんの声サイトマップ



安全で使い勝手の良いケージ
安全で使い勝手の良いおすすめのケージとは…?
飼い主さんの声
ケージ飼いを理解する 犬のケージ ゼミナール
1.愛犬にハウスが必要なワケ
2.犬のハウスの種類
3.犬のハウスの大きさ
4.屋外飼育犬のハウス
5.ハウスのしつけ
6.ケージで防げる犬の分離不安症
7.ケージの中のトイレトレーニング
【おまけ】ケージ飼いのあるある疑問集
サイト概要
運営:Woof(ウーフ) TEL.048-962-3514
メールでのお問い合わせ
サイトマップ
運営者情報
プライバシーポリシー
ペット関連サイト
ペット関連サイト様のご紹介
草の根運動 生後8週齢未満の販売規制

Woof(ウーフ)
子犬の情報館 Woof
ペットのハタケシメジ.com
子犬のしつけ.com
究極のペット用品専門店 Woof

愛犬用 網スノコ ケージ

しつけのご参考に…

その7 ケージの中でのトイレトレーニング

さぁ、いよいよ室内飼育には欠かせないトイレのしつけについてのお話しです。

トイレトレーニングは子犬を迎えた当日から始めても構いませんが、ここで多くの飼い主さんが犯してしまう間違いがあります。

それはワンちゃんをお部屋全体でフリーにした状態のままトイレのしつけを始めてしまうこと。
まだ飼い始めて間もない生後2〜3ヶ月齢の子犬にそこまで求めるのはさすがにレベルが高過ぎます…。

よく考えてみてください。

ハウスの中で寝床とトイレスペースの区別すら出来ていない子犬が、お部屋の中を自由に放された状態でトイレの位置を認識出来るはずがありませんよね?
ケージの中のトイレトレーニング
どんな犬のしつけでも大切なのは段階を踏んでレベルアップしていくこと。

ですので、トイレのしつけもまず最初はハウスの中という限られたスペースでのトレーニングから始めましょう。

多くの飼い主さんがハウスの中でのトイレトレーニングを難しく考えているようですが、決して難しいことではありません。

ハウスの中でのトイレトレーニングは寝床スペースと排泄スペースの区別が出来るようにすること

適度なサイズの(狭めの)ハウスならその区別さえ出来てしまえばハウスの中でのトイレトレーニングは完了したことになり、広めのハウスなら最終的にハウスの中の1ヶ所(トイレシーツ1枚程度のスペース)で排泄出来るようになればトイレトレーニングの完了です。

具体的なトレーニング方法としては、以下のように段階を踏んでハウスの中のトイレスペースを1ヶ所に絞っていく方法がおすすめ。

もし途中の過程で失敗を重ねてしまうようなことがあった場合はまだ完全に習慣付いていない証拠なので、ひとつ前の段階に戻す必要があります。
ハウスの中でトイレスペースに導く方法
Step 1
ケージの1ヵ所に寝床スペースを用意します。(ここでは黄色いタオルが寝床)最初は寝床以外のすべての場所にトイレシーツを敷き詰めておきます。(ここではトイレシーツA・B・Cの3枚を使用)この段階では寝床以外のトイレシーツが敷いてある場所すべてがトイレスペースと考えてください。
ケージの中のトイレのしつけ ステップ1
配置の一例

Step 2
用意した寝床スペースをワンちゃんが“自分の場所”と認識し、なおかつ寝床以外のトイレシーツで排泄出来るようになったら、トイレシーツを1枚(ここではトイレシーツA)だけ撤去してみましょう。大きなケージでさらに多くのトイレシーツを敷いている場合は、なるべく寝床に近いところから順に撤去していくのがポイントです。いきなりトイレシーツ1枚が減るのは減り過ぎと感じた場合はトイレシーツを半分に折り曲げるなどしても良いでしょう。
ケージの中のトイレのしつけ ステップ2
右下のトイレシーツAを撤去した状態

Step 3
トイレシーツを1枚撤去した後、残ったトイレシーツの中でも排泄する位置としない位置の傾向が徐々に出てくるはずなので、次は排泄しない位置にあるトイレシーツをさらに1枚(ここではトイレシーツB)を撤去し、最終的にトイレシーツ1枚分をトイレスペースにします。この状態に慣れてくると、トイレシーツの上が排泄をする場所であることをおおよそ理解出来ているはずです。
ケージの中のトイレのしつけ ステップ3
左上のトイレシーツBを撤去した状態

番外編
さらに当サイトおすすめのケージの床が網スノコ式のケージは直にトイレシーツを敷く必要がありませんので、最初から寝床オンリーで始めることも出来ます。トイレシーツは網スノコ下の受け皿に敷けばイタズラされず、使用枚数を節約することも出来るので経済的です。
ケージの中のトイレのしつけ ステップ4
床面にトイレシーツを敷かない状態
ただ、ここで注意すべき点は最初からトイレシーツを固定する『トレー』を置かないこと

飼い始めて間もない子犬のハウスにいきなりトレーを置いてしまう飼い主さんがよくいらっしゃいますが、いかにも人間の都合で押し付けたような『トレー=排泄場所』といったルールなど子犬には理解出来るはずがありません!

それどころか、硬くもなく軟らかくもない“絶妙な感触”のトレーを気に入って寝床と勘違いしてしまうケースが非常に多いため、せっかく用意した寝床(ベッドなど)で子犬が休んでくれなくなるなんてこともあるのです。(特に暑い時期は布地のベッドよりもトレーの方が涼しくて居心地が良いみたいです…)

もしトレーを使うのであれば、子犬が『トイレシーツ=排泄場所』というルールをある程度理解出来るようになってから使うようにしましょう。

ハウスの中でのトイレトレーニングが完了したとしても、お部屋の中でのトイレトレーニングがまだ完了していなければ子犬をお部屋の中で遊ばせている時に粗相をされてしまうこともあるでしょう。

でもそれは仕方がありません。

まだトレーニングが完了していないのですから粗相をしてしまった子犬に非はなく、それを叱ってもいけません。
ケージの中のトイレトレーニング その段階で子犬をお部屋の中で自由な状態で遊ばせる場合は、子犬が行動出来る範囲を狭くするなど粗相をされても構わない環境を用意して遊ばせるようにしましょう。

お部屋の中でのトイレトレーニングも考え方としては先程お話ししたハウスの中のトイレトレーニングと同じ要領で進めて行けばOK。
お部屋の中で子犬が行動出来る範囲全体にトイレシーツを敷き、それを徐々に減らしていく方法です。

詳しくは姉妹サイト“子犬のしつけ.com”のお部屋でのトイレトレーニングのページで解説しておりますので是非こちらを参考にしてみてくださいね。

以上で『犬のケージゼミナール』は修了となりますがお解り頂けましたか?

ここで犬のケージ.comをご覧の愛犬家のみなさんに当サイトが推奨する安全で使い勝手の良いケージをご紹介致します。

既にケージを使っている飼い主さんの声もご紹介しておりますので、是非参考にしてみてくださいね。

>>> 安全で使い勝手の良いケージ
安全で使い勝手の良いおすすめのケージって…? その答えが解ります
▼犬のケージ・ゼミナール▼
【その1】 ハウスが必要なワケ
【その2】 犬のハウスの種類
【その3】 ハウスの大きさ
【その4】 屋外飼育のハウス
【その5】 ハウスのしつけ
【その6】 ハウスで防げる分離不安症
【その7】 ケージの中のトイレトレーニング



トップページ犬のケージ・ゼミナールケージ飼い・あるある疑問集おすすめのケージ飼い主さんの声
メールでのお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー運営者情報ペット関連サイト様のご紹介
当サイトにおけるすべての文章、画像等を無断で転載、転用することを禁止します
Copyright (C) Woof All rights reserved.