犬のケージ、サークル、ハウスのことなら犬のケージ.com

トップページ運営者情報プライバシーポリシー
犬のケージ ドットコム 〜 ケージ飼いに関するご質問・ご相談もOK、もちろん無料です!
犬のケージ.com TOP犬のケージ ゼミナールケージ飼い あるある疑問集安全で使い勝手の良いおすすめのケージとは…?飼い主さんの声サイトマップ



安全で使い勝手の良いケージ
安全で使い勝手の良いおすすめのケージとは…?
飼い主さんの声
ケージ飼いを理解する 犬のケージ ゼミナール
1.愛犬にハウスが必要なワケ
2.犬のハウスの種類
3.犬のハウスの大きさ
4.屋外飼育犬のハウス
5.ハウスのしつけ
6.ケージで防げる犬の分離不安症
7.ケージの中のトイレトレーニング
【おまけ】ケージ飼いのあるある疑問集
サイト概要
運営:Woof(ウーフ) TEL.048-962-3514
メールでのお問い合わせ
サイトマップ
運営者情報
プライバシーポリシー
ペット関連サイト
ペット関連サイト様のご紹介
草の根運動 生後8週齢未満の販売規制

Woof(ウーフ)
子犬の情報館 Woof
ペットのハタケシメジ.com
子犬のしつけ.com
究極のペット用品専門店 Woof

愛犬用 網スノコ ケージ

しつけのご参考に…

ケージ飼い あるある疑問集

Q1. ハウスの中で長時間留守番をさせても大丈夫なの?
Q2. ハウスのサイズはどのくらいの大きさを選べばイイの?
Q3. 今まで放し飼いにしていた成犬でもケージ飼い出来るの?
Q4. トイレのしつけはどうしたらイイの?

Q1. ハウスの中で長時間留守番をさせても大丈夫なの?
A1. 大丈夫です。

野生の犬(オオカミ)はもともと穴を掘って作った巣の中で休む習性の穴倉動物なので、ケージのように周りを囲まれた狭い場所で過ごすことを苦痛に感じることはありません。

むしろそういった場所に居ることによって外敵から身を守ることができるため本能的に狭い場所を好み、狭い場所に居ることによって安心感を得る習性の動物なのです。

これはペットとして飼育される家庭犬も同様で、ケージを自分のテリトリー(巣)であると認識していれば長時間の留守番も大丈夫。

ハウスを使った飼育、すなわちケージ飼いは犬の習性を上手く活かした飼い方であり、なおかつ犬に優しい飼い方でもあるのです。

詳しい解説はこちらをご覧くださいね!
 犬のケージゼミナール 【その1】ハウスが必要なワケ

Q2. ハウスのサイズはどのくらいの大きさを選べばイイの?
A2. “本来のケージの使い方”という意味で言えば、成犬時のサイズでハウスの中で辛うじて身体の向きを自由に変えられるくらいの広さが適正なサイズになります。

「狭いと窮屈そう…」、「広い方が快適そうだな…」と感じるのは人間的な感覚によるものであって、犬にはそういった感覚が通用しないだけではなく広い場所では安心して休むことが出来ない習性の動物なのです。

そのため、広いハウスでの飼育(放し飼いも含む)が常に神経を張り巡らさざるを得ない状態に陥らせ、結果的に落ち着きのない性格で無駄吠えの多いワンちゃんと化す要因となり得るのです。

ハウスを選ぶ際に最も優先すべきポイントは“狭い場所の方が落ち着く習性の動物が使うハウス”という点であり、その次に飼い主さんが今後ハウスをどのように使っていきたいのかを考えて選んでいくと良いでしょう。

詳しい解説はこちらをご覧くださいね!
 犬のケージゼミナール 【その3】ハウスの大きさ

Q3. 今まで放し飼いにしていた成犬でもケージ飼い出来るの?
A3. まずここでは子犬ではなく、あくまでも『成犬』に限定しての回答になります。

基本的には成犬でも大丈夫です。

本来、犬は狭い場所で過ごすこと(=ケージ飼い)に抵抗を感じないのですが、放し飼い状態が長かった成犬の中には頑としてケージを受け入れてくれないケースもあります。

ただ、これは人間が狭い場所を苦痛と感じるような『閉所恐怖症』とは異なり、これまでの環境がガラリと変わったこと、すなわち『環境変化』に対する拒絶である場合がほとんど。

子犬のようにすぐには慣れてくれないかもしれませんが、時間を掛けて新しい飼育スタイルであるケージ飼いに慣れるよう見守ってあげてください。

また、近年は飼い主さんと離れると精神的に落ち着いていられない『分離不安症』の傾向が強いワンちゃんも増えています。

今まで飼い主さんに付きまとってばかりだった成犬のワンちゃんがある日突然ケージ飼いにされると飼い主さんと離れた状態になりますので、それに対しての抵抗がケージを嫌がっているように見えることもあります。

ケージのように狭くて覆われた空間は犬を落ち着かせる条件を兼ね備えた場所なので、ひとりでも落ち着いて過ごせるようになってもらうために早めにケージ飼いにシフトしていきましょう。

詳しい解説はこちらをご覧くださいね!
 犬のケージゼミナール 【その5】ハウスのしつけ
 犬のケージゼミナール 【その6】ケージで防げる分離不安症

Q4. トイレのしつけはどうしたらイイの?
A4. 将来的にお部屋の中で放し飼いにしたい場合でも、まずはハウスの中でのトイレトレーニングから始めましょう。

ケージ飼いでのトイレスペースは限られたスペースの中の1ヶ所になりますので、個体差はあるものの比較的かんたんにトイレスペースを認識してくれます。

お部屋の中を自由にした状態でのトイレトレーニングは生後2〜3ヶ月齢の子犬にとってはレベルが高いので、飼い始めて間もない段階でそこまで求めてしまっては子犬が可哀想…。

「最初のうちはお部屋で粗相をされて当然」という気持ちで、焦らず段階を踏んでトレーニングしていくようにしましょう。

詳しい解説はこちらをご覧くださいね!
 犬のケージゼミナール 【その7】ケージの中のトイレトレーニング



トップページ犬のケージ・ゼミナールケージ飼い・あるある疑問集おすすめのケージ飼い主さんの声
メールでのお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー運営者情報ペット関連サイト様のご紹介
当サイトにおけるすべての文章、画像等を無断で転載、転用することを禁止します
Copyright (C) Woof All rights reserved.